昨秋県大会では7打点で打点王に輝くなど勝負強さが光る国学院栃木の最上

チームの大黒柱として攻守で活躍が期待される石橋の小林

昨秋県大会では7打点で打点王に輝くなど勝負強さが光る国学院栃木の最上 チームの大黒柱として攻守で活躍が期待される石橋の小林

 第74回春季栃木県高校野球大会兼第73回春季関東地区大会県予選は24日、県営球場、清原球場、栃木市のとちぎ木の花スタジアムの3会場で開幕。地区予選を勝ち上がった27校が5月5日までの延べ7日間、熱戦を繰り広げる。

 大会は2年ぶりの開催となり、全試合入場数制限ありの有観客で実施。上位2校が5月15日から山梨県で開催される関東大会に出場する。優勝争いは秋春連覇を狙う国学院栃木を中心に実力は拮抗(きっこう)。組み合わせを二つのブロックに分けて展望する。