「とちぎ県ロケ地マップ」の第10巻

 栃木県フィルムコミッション(FC)は、県内で撮影された映画やドラマのロケ地の情報などをまとめたパンフレット「とちぎ県ロケ地マップ」の第10巻を発行した。今回は県内で撮影した映画とドラマ5作品のロケ地をまとめた。

 東武佐野市駅や旧佐野中央病院、県庁などで撮影を行ったTBSの金曜ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」や、県庁昭和館が警視庁の設定として登場したテレビ朝日の木曜ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官Season2」などをロケ時の写真を交えながら紹介している。

 NHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」では、「躍動感あふれるシーン撮影に臨んでいる姿が印象的」「夕日狙いのカットがあり、夕日が出て一安心だった」といった撮影時のエピソードも掲載した。

 マップには、ロケ地周辺の観光地やグルメ情報も載せた。1万部作製。A4判、フルカラー。「とちまるショップ」や道の駅などで配布している。

 県観光交流課は「このマップを見てロケ地を巡り、県内の観光地やグルメも楽しんでもらえればうれしい」としている。