気象庁の庁舎

 気象庁と環境省は23日、熱中症のリスクが特に高まった際に注意を促す「熱中症警戒アラート」の全国運用を28日から開始すると発表した。10月27日まで。アラートを出すことで、こまめな水分補給を呼び掛けるなど熱中症の予防につなげる。

 アラートは気温や湿度などから算出した「暑さ指数」を活用する。重症者や死者が特に増える傾向にある指数33以上になると想定した場合、前日の午後5時と当日の午前5時に発表。自治体の防災無線や報道機関などを通じて情報を伝える。

 全国運用に伴い、予想最高気温がおおむね35度以上になる場合に発表していた「高温注意情報」は廃止する。