【とちぎ衆院選】渡辺美由紀氏出馬へ 3区 喜美氏妹、希望に公認申請

 渡辺喜美(わたなべよしみ)参院議員(65)の妹、美由紀(みゆき)氏(58)が、10日公示−22日投開票の衆院選に栃木3区から出馬する意向を固めたことが1日、関係者への取材で分かった。同日までに希望の党に公認申請した。美由紀氏は公認会計士、税理士、医師。

 関係者によると、同党の小池百合子(こいけゆりこ)代表側から、喜美氏は参院に残り、3区で別の候補者を立てるよう要請を受けていたという。

 美由紀氏は、父で元副総理の美智雄(みちお)氏が病に倒れてから亡くなるまでの数年間、共に生活。美智雄氏のそばで激動の政治の裏側をつぶさに見ていたことや、昨年の喜美氏の国政復帰後、間近でその動きを把握していたことなどから、喜美氏の後援会などが出馬を要請した。

 美由紀氏は美智雄氏の長女で那須塩原市(旧西那須野町)出身。日本医科大卒業後、東京警察病院に勤務。美智雄氏の死去後は公認会計士となり、渡辺美智雄経営センター代表取締役。同市在住。