7回、2死満塁で栃木GBの新山(中央奥)が1点差に迫る右越えの満塁本塁打を放ちホームイン=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は21日、小山運動公園野球場で埼玉と対戦し4-5で競り負け、3試合ぶりに黒星を喫した。通算成績は2勝1分け4敗で順位は東地区3位のまま。

 栃木GBは相手先発の前楽天の由規(よしのり)(佐藤由規(さとうよしのり))の緩急つけた投球に苦戦し、六回まで3安打無得点と打線が沈黙。5点を追う七回2死満塁で、今季初出場した新山進也(にいやましんや)が右越えに満塁本塁打を放って1点差に迫ったが、追い上げもそこまでだった。

 守っては先発斉藤鳳人(さいとうたかと)が6回2/3を投げて被安打7の5失点。七回途中からは左腕田辺豪(たなべごう)、ダニエルの継投で無失点に抑えた。

 次戦は23日午後1時から、同球場で埼玉と対戦する。