ウォルフスブルク戦の前半、競り合うシュツットガルトの遠藤航(左)=シュツットガルト(共同)

 ドルトムント戦の前半、競り合うウニオン・ベルリンの遠藤渓(右)=ドルトムント(共同)

 ウォルフスブルク戦の前半、競り合うシュツットガルトの遠藤航(左)=シュツットガルト(共同)  ドルトムント戦の前半、競り合うウニオン・ベルリンの遠藤渓(右)=ドルトムント(共同)

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで21日、シュツットガルトの遠藤航は1―3で敗れたホームでのウォルフスブルク戦にフル出場した。ブレーメンの大迫勇也はホームのマインツ戦で出番なし。チームは0―1で敗れて6連敗となった。

 ウニオン・ベルリンの遠藤渓太は0―2で敗れた敵地のドルトムント戦に先発し、後半13分までプレーした。