新型コロナウイルスワクチンの米ファイザー社からの追加供給量について、政府が5千万回分、2500万人分で調整していることが21日、分かった。追加供給は、菅義偉首相と同社首脳が実質合意していた。