清水咲子選手

 競泳の2016年リオデジャネイロ五輪女子400メートル個人メドレーで8位入賞した大田原市出身の清水咲子(しみずさきこ)選手(29)が20日、現役引退を発表した。東京五輪代表の補欠も辞退する。今後は未定。今月の全日本選手権大会で五輪代表入りを逃し、第一線から退く意向を示していた。