和泉聡氏

 新聞記者を辞して市長となり、2期8年務めてきた。市の良さについて「各界各層、各年齢層に熱い思いを持った人材が豊富なこと」と話す。

 実績としてあがた駅南産業団地造成、あしかがフラワーパーク駅開業などを挙げるとともに「人材育成は胸を張れる。やる気のある優秀な市職員が育つのは、まちづくりが30年、50年続くポイントだと思っている」と力を込める。

 2期目は2019年の台風19号、新型コロナウイルス禍、今年の両崖山火災と災害などが続いた。「(市制100周年を迎え)まずは守りを固めないと次の100年に入っていけない」

 就任以来、「至誠通天」を座右の銘としてきた。「僕自身が『誠実』と考えることを積み重ねることで、まちに思いが伝わってエネルギーになるといいな、という思いがいつもある」

 毎朝5キロのジョギング後、孟子など中国の古典を読むのが日課。「これをやると心が落ち着く」。妻、義母と3人暮らし。