スイートピーを手入れする角田社長=9日午後、上三川町

花の香りを生かした「スイートピーの香るリキュール」

スイートピーを手入れする角田社長=9日午後、上三川町 花の香りを生かした「スイートピーの香るリキュール」

 スイートピーなど花き栽培のカクタ花農場(上三川町下神主(こうぬし)、角田盛一(かくたせいいち)社長)は、花の香りを生かしたクラフトリキュール「スイートピーの香るリキュール」を商品化し、オンラインなどで本格販売を始めた。

 同社は、スイートピーの花が食用花「エディブルフラワー」であることから、10年ほど前から食品に活用できないかと、ジェラートやクラフトビールを試作してきた。ただ香りの相性や製造過程で熱にさらされることなどから、想定する製品が生み出せなかった。