試合前のキャッチボールを終えたエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は投手復帰を果たす20日午後6時38分(日本時間21日午前10時38分)開始予定の本拠地アナハイムでのレンジャーズ戦で投打同時出場を見送り、投手に専念することになった。マドン監督が19日、明言した。

 監督は「序盤で万が一(まめが)ひどくなったら控え野手が少ないから、やりくりが大変になる」と理由を説明。75球がめどで、登板翌日の21日(同22日)の打者出場は様子を見て決める。

 大谷はオープン戦登板でつぶした右手中指のまめの影響で、メジャーの公式戦で自身初めて投打同時出場した4日を最後に登板を控えていた。