民進党県連の福田昭夫(ふくだあきお)代表は20日、県庁記者クラブで記者会見し、次期衆院選で本県での野党連携を容認するよう求める要望書を22日に前原誠司(まえはらせいじ)代表と長妻昭(ながつまあきら)選挙対策委員長に提出することを明らかにした。

 福田代表は「憲法改悪に必要な議席3分の2を絶対に阻止する」と強調。「都道府県連ごとに地域の事情は違うので、話し合う余地はあると思う。われわれに判断を任せてほしいと伝えたい」と話した。

 共産党県委員会は県内5選挙区全てで公認候補者の擁立を決めている。