聖火のトーチを掲げて瀬戸大橋(奥)の近くを走る岩中楓さん=18日午前、香川県坂出市の与島

 東京五輪の聖火リレーは18日、香川県での2日目を迎えた。雨に見舞われた前日午前とは打って変わって晴れ渡った空の下で坂出市をスタートした。瀬戸内海に浮かぶ与島では、近くの岩黒島に住む高校1年岩中楓さん(15)が瀬戸大橋を一望できる海岸線を笑顔で走り抜けた。

 母校の坂出市立岩黒中では3年間、同級生はおらず、島の人たちに支えられた。「優しく接してくれた」と感謝の気持ちでいっぱいだ。「島の魅力を世界中に伝えたい」との思いで臨んだ。トーチを両手で握り、しっかりとした足取りで進んだ。沿道では「楓 がんばって!」と記した横断幕が掲げられた。