野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は17日、小山運動公園野球場で埼玉と対戦し、7-2で逆転勝ちした。連敗を2で止め通算2勝3敗。

 栃木GBは打線が奮起。1点を追う三回に川崎宗則の適時内野安打で同点とすると、勝ち越されて迎えた六回は2四球などで無死二、三塁とし、長南有航の中越え2点適時打、茂木丈汰の中犠飛で一挙3得点。八回にも秋庭蓮主将の左前2点適時打などで3点を加えて突き放した。

 投手陣も先発の堀越歩夢が5回2失点。六回以降は4人のリレーで無失点に抑えた。

 次戦は18日午後1時から、同球場で茨城と対戦する。