ベルギー戦に向け、笑顔で調整する長友(中央手前)ら日本イレブン=カザン

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、2日午後9時(日本時間3日午前3時)から行われる決勝トーナメント1回戦で、日本は史上初の8強入りを懸けベルギーと対戦する。女子W杯で4大会に出場し、2011年のドイツ大会で世界一に輝いた宇都宮市出身の安藤梢(あんどうこずえ)選手(35)は1日までに下野新聞社の取材に応じ「気持ちと戦術を合わせ、11人が一つになって戦い抜くことが必要。日本サッカー界とサポーターに勇気を与える戦いを見せてほしい」と願った。