東芝本社が入るビル=14日午後、東京都港区

 東芝が、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズの買収提案を拒否する方向で調整に入ったことが15日分かった。株式非公開化を前提としたCVCの買収案に対し、東芝幹部は大手銀行に「上場は絶対に維持する」と伝達。東芝の永山治取締役会議長(73)が反対していることも判明した。複数の関係者が明らかにした。

 一方、CVCは買収方針を変えず近く詳細な提案をまとめる方針だ。ただ、東芝の拒否により国内企業の協力は難しくなった。敵対的な株式公開買い付け(TOB)に発展する可能性が出てきた。