自民党の二階俊博幹事長

 自民党の二階俊博幹事長は15日、TBSのCS番組収録で、新型コロナ感染がさらに拡大した場合の東京五輪・パラ開催について「とても無理と言うならやめないといけない」と述べ、中止も選択肢との考えを示した。「五輪で感染をまん延させたとなれば、何のための五輪か分からない。その時の判断だ」とも語った。

 東京五輪開催で感染を広げてはいけないとの認識を示した発言とみられるが、政権幹部が中止の可能性に言及するのは異例。野党からは政府、与党で早急に決めるべきだとの意見が出た。

 二階氏は同時に「日本にとって大きなチャンス。国民の同意を得て、盛り上げていくのは大事だ」と訴えた。