JR宇都宮駅西口の再開発事業で、ペデストリアンデッキ南側の「宇都宮駅西口南地区」(約0.2ヘクタール)で再開発準備組合が進めている事業について、宇都宮市が市街地再開発事業として都市計画決定したことが14日、分かった。同準備組合は本年度中にも事業計画を市に申請し、事業認可を得た上で本組合設立を目指す。

 同市によると、都市計画決定で「南地区」の高度利用が変更となるなど、同準備組合が進める事業の具現化に近づく。また本年度実施する基本設計などの調査設計費として市と国が計7200万円を補助する。