市長特別賞を受け笑顔の浜田君(右)

 【那須塩原】全国学校図書館協議会などが主催する「第66回青少年読書感想文全国コンクール」の小学校中学年の部で、埼玉小4年浜田慈恩(はまだじおん)君(9)が最高賞の内閣総理大臣賞を受賞した。北極、南極から見た地球環境についての本を読み、「地球に優しい生活」をする必要性を学んだ成果を感想文に盛り込んだ。市はこのほど、浜田君に市長特別賞を贈呈。浜田君は「二つの賞をもらえてとてもうれしい」と笑顔を見せた。

 同コンクールは、小学校から高校までの約2万2千校から約207万3千編の応募があった。応募当時3年生の浜田君は書籍「北極と南極の『へぇ~』くらべてわかる地球のこと」を題材に取り上げた。

 同書を読んだ浜田君は南極に強い興味を持ち、南極観測隊第61次越冬隊に同行取材中だった著者中山由美(なかやまゆみ)さんに、はがきで「お風呂の水はどうしているのですか?」と質問。その回答は中山さんの動画配信に込められたという。