【小山】市が整備を進めているコミュニティーFM事業で、総務省は30日、運営事業者の「テレビ小山放送」(八幡町1丁目)に放送局の予備免許を交付した。今後、JR小山駅西口の再開発ビル「ロブレ」4階で放送スタジオを整備し、検査、免許交付を経て11月の開局を目指す。

 市は2015年9月の関東・東北豪雨を踏まえ、災害発生時の防災情報を迅速に伝える手段が必要と判断。市町など限られた範囲で地域に密着した情報を発信するコミュニティーFM整備を進めている。

 放送の名称は「おやまエフエム」で愛称は「おーラジ」。周波数は77・5メガヘルツ。