【足利】市は13日、市役所内で第2回「高齢者施設における新型コロナワクチン接種説明会」を開き、入所者への接種を希望する27施設に対し、19~30日に1回目の接種を行うと伝えた。ワクチンの移送、接種日など施設ごとの詳細な日程も示した。2回目の接種は5月10~21日に行う。接種希望者は約1300人。

 足利市には今週と26日の週に、計1500人分のワクチンが国から到着する予定という。27施設は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などいずれも介護度の高い高齢者が入所している。市の調査に対し全施設から接種の希望があった。

 接種は市医師会に委託して行い、副反応対策として接種終了後30分間、医師が施設にとどまることになっている。残りのワクチンは5月以降に行う高齢者向けの集団接種で使う。