首相官邸前で、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定に抗議する人たち=13日午後

 政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したのを受け、原発に反対する市民団体が13日、東京都千代田区の首相官邸前で「海洋放出反対」「漁業者の声を聞け」と抗議の声を上げた。

 主催した「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」によると、首都圏各地から約320人が参加。「汚染水を海に捨てるな」などと記された横断幕やカードを掲げた。

 平和団体代表の藤本泰成さん(65)は「事故を起こした原発から、さらに放射性物質を出すのは許されない」とし、処理水の大型タンク新設と陸上での保管継続を求めた。