佐野市長に金子氏

 任期満了に伴う佐野市長選・市議選は11日、投開票が行われた。4人が立候補した市長選は無所属新人の前県議金子裕(かねこゆたか)氏(58)が5選を目指した無所属現職の岡部正英(おかべまさひで)氏(82)に1万4898票の大差をつけ、初当選を飾った。いずれも無所属新人で行政書士の高際弘幸(たかぎわひろゆき)氏(64)、前市議の井川克彦(いがわかつひこ)氏(64)は及ばなかった。投票率は55.38%で、2009年の前回(63.15%)を7.77ポイント下回り、05年の新市発足後最低となった。

 4期16年続く岡部市政の継続か刷新かが問われた選挙戦。金子氏は05年以来2度目の市長選挑戦だった。昨年12月、県議4期目途中で「市政の進化」を掲げて立候補を表明。候補全員が自民党系で同党は自主投票となったが、19年の県議選でトップ当選した知名度と30年の政治歴を武器に、戦いを優位に進めた。

 午後11時すぎ、大きな拍手に包まれ選挙事務所に姿を見せた金子氏は支持者らと共に万歳三唱。「訴えてきたことを着実に前に進める。市民の意見をしっかり受け止め、進化する、選ばれる佐野をつくることを約束する」と決意を述べた。

 全国最高齢市長の岡部氏は実績や経験、人脈をアピールし「市政の継続」を訴えたが、高齢や多選の批判をかわせなかった。岡部氏は支持者を前に「私の不徳の致すところであり、おわび申し上げる。今後も佐野の将来のために尽くしたい」と深々と頭を下げた。

 市政の刷新を訴えた高際氏と井川氏は浸透できなかった。高際氏は「ひとえに私の不徳の致すところ」と選挙事務所で支持者に頭を下げた。井川氏は「私の力が足りなかった。同志の皆さんに感謝申し上げる」と敗戦の弁を述べた。

高根沢町長 加藤氏3選

 任期満了に伴う高根沢町長選は11日投開票が行われ、無所属現職の加藤公博(かとうきみひろ)氏(61)=自民、公明推薦=が、無所属新人で前町議の斎藤誠治(さいとうせいじ)氏(63)を1235票差で退け、3選を果たした。

 投票率は46.37%で、前回を2.64ポイント上回った。当日の有権者数は2万4341人(男1万2697人、女1万1644人)。

 前回と同じ構図となった町長選。加藤氏は18歳までの子ども医療費無償化やキリンビール栃木工場跡地への企業誘致などを実績としてアピールし、「都市計画税の廃止」「副食費や小中学校給食費の減免」などを公約に掲げた。斎藤氏は災害対策強化や農業・商工業発展などを訴えたが、及ばなかった。

 同町宝石台5丁目の加藤氏の選挙事務所に当選確実の一報が入ると、支持者から拍手が湧き起こった。加藤氏は「町の財政に負担をかけることなく、政策をスピーディーに実現したい。新型コロナを乗り越え、町を守り抜きたい」と3期目の決意を語った。

 一方、斎藤氏は同町上高根沢のドライブイン駐車場で「力不足で大変申し訳ない。本当に悔しい」と敗戦の弁を述べた。

佐野市議選 24人当選

 25人が立候補して少数激戦となった佐野市議選は、24人の新議員が決まった。投票率は55.35%で、定数を5人オーバーする激戦となった2017年の前回(51.09%)を4.26ポイント上回った。

 当選者の内訳は、現職18人、新人6人。政党別では自民、公明党各3人、共産党2人、立憲民主党1人、残る15人が無所属だった。地域別で見ると佐野15人、田沼6人、葛生3人。女性は1人だった。

 市長選に立候補した井川克彦(いがわかつひこ)氏を含めて現職6人が立候補しなかった。

 最年少は30歳、最高齢は78歳となった。


【号外】佐野市長に金子氏(2021年04月12日=表面)
 

【号外】高根沢町長 加藤氏3選(2021年04月12日=裏面)