栃木県庁

 栃木県は11日、新型コロナウイルスに感染し、県北の病院に入院中だった60代男性患者が同日未明に抜け出し、一時行方不明になっていたと発表した。男性は約4時間後に保護された。店舗などへの立ち寄りや人との接触は確認されていないという。県内の医療機関から患者が抜け出したのは今回が初めて。

 県によると、同日午前4時半ごろ、男性が着けていた医療機器の警告音が鳴ったため看護師が駆け付けたところ、男性が病室の窓から出て行くのを目撃。病院職員や警察官らが捜索し同8時半ごろ、病院から十数キロ離れた河川敷で発見した。病室の窓の鍵を壊して抜け出た可能性があるという。

 県は状況を見て男性から外出理由などを聞き取る方針。病院が男性の無断外出を把握した。同8時半ごろ、病院から十数キロメートル離れた河川敷で男性を発見し保護した。行方不明だった間の店舗などへ立ち寄りや、人との接触は確認されていない。

 県は「感染の広がりはないと考えている」とする一方、「(患者に)入院や入所の必要性を理解してもらえるようしっかりと取り組む」としている。