6回を無失点に抑えた栃木GB先発のウーゴ=清原球場

7回、相手チームの敵失で栃木GBのルーカスが先制のホームイン=清原球場

6回を無失点に抑えた栃木GB先発のウーゴ=清原球場 7回、相手チームの敵失で栃木GBのルーカスが先制のホームイン=清原球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は30日、清原球場で福島と対戦し、1-0で今季2度目の完封勝利を挙げた。連敗は3で止まり、通算成績は2勝3敗。順位は東地区最下位から4位に上がった。

 試合は序盤から投手戦となり、六回を終わって0-0。栃木GBは七回、ルーカスの右前打と四球で1死一、二塁の好機をつくると、内山太嗣(うちやまたいし)の投前犠打を相手投手が一塁へ悪送球。待望の先制点を挙げた。

 先発のウーゴは変化球を主体とした投球で6回無失点と好投したが、七回に左足をつって降板。その後は中村恵吾(なかむらけいご)、橋詰循(はしづめじゅん)とつなぎ、九回は金本享祐(かねもときょうすけ)が抑え、1点を守り切った。

 次戦は1日午後1時から、新潟県南魚沼市のべーマガSTADIUMで新潟と対戦する。