5回、栃木GBの若松の左前適時打で二走・茂木が生還=県営球場

チームのロゴマークが入った応援団旗

5回、栃木GBの若松の左前適時打で二走・茂木が生還=県営球場 チームのロゴマークが入った応援団旗

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は10日、県営球場で今季ホーム開幕戦を戦い、神奈川に3-8で敗れた。通算成績は1勝2敗。

 栃木GBは計6失策と守備の乱れが響いて大量失点した。先発村中恭兵(むらなかきょうへい)は自身の暴投もあり5回2失点。2番手山田綾人(やまだあやと)、3番手成瀬善久(なるせよしひさ)はそれぞれ1回を無失点に抑えたが、八回は1死満塁から失策と右犠飛で無安打ながら2失点、九回も4本の長短打に失策が絡んで4点を失い突き放された。

 打線は五回の若松聖覇(わかまつせいは)の左前適時打、九回の石川慧亮(いしかわけいすけ)の中前適時打などで3点を奪ったが長打はなし。一、七回以外は毎回得点圏に走者を進めながら好機で一本が出なかった。

 次戦は11日午後1時から、神奈川県平塚市の平塚球場で神奈川と対戦する。