7回、無死一塁で栃木GBの長南が右中間に適時二塁打を放つ=県営球場

7回、茂木の左犠飛で生還した栃木GBの三走・長南(右)=県営球場

7回、無死一塁で栃木GBの長南が右中間に適時二塁打を放つ=県営球場 7回、茂木の左犠飛で生還した栃木GBの三走・長南(右)=県営球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は9日、県営球場で巨人3軍と交流戦を行い、4本塁打を浴びるなどして2-7で敗れた。交流戦はレギュラーシーズンの成績には含まれない。

 栃木GBは初回、先発の堀越歩夢(ほりこしあゆむ)が先制の中越えソロ本塁打を浴び、四回に2安打でさらに1失点。五回にも中越えの2点本塁打を許して突き放された。七回に登板した3番手塩満瑛斗(しおみつえいと)もソロ本塁打で1失点、最終回にマウンドへ登った5番手手塚俊二(てづかしゅんじ)も2点本塁打を浴びた。

 援護の打線は7安打ながらつながりを欠いて2得点。5点を追う七回、先頭の石川慧亮(いしかわけいすけ)の内野安打を足掛かりに長南有航(ちょうなんゆうこう)の右中間適時二塁打と茂木丈汰(もぎじょうた)の左犠飛で2点を奪ったが、反撃もそれまでだった。

 栃木GBのホーム開幕戦は10日午後1時から、県営球場で神奈川を迎え撃つ。予告先発投手は元ヤクルトの村中恭兵(むらなかきょうへい)。