鹿沼市、木のおもちゃを新生児に贈呈 木工への親しみ育成

鹿沼市、木のおもちゃを新生児に贈呈 木工への親しみ育成

 【鹿沼】市は8月から、新生児の誕生を祝って木のおもちゃなどをプレゼントする「こんにちは赤ちゃん ベリーウッドプレゼント」を始める。木のおもちゃと季節の花を贈呈することで、赤ちゃんの頃から木に慣れ親しんでもらい、木のまち・鹿沼の木工文化や森林資源をPRする。

 「木育」として、市内の木工製品製造業者が製作した鹿沼産森林認証材のヒノキを使用した木のおもちゃをプレゼント。おもちゃは音が鳴るおもちゃと木の車のセットか、積み木セットの2種類から選べる。おもちゃや箱には、市のマスコットキャラクター「ベリーちゃん」や市のロゴマークがレーザー加工で描かれている。

 また、「花育」として市花木センター園内の旬の花や木も複数種を用意している。