西川公也氏

 秋までに行われる次期衆院選に向け、自民党栃木県連が栃木2区に擁立する同党公認候補者を公募する準備を進めていることが8日、分かった。月内に公募実施を正式決定した上で5月中に選考を行い、6月までに新たな候補者を決めるとみられる。

 2区では前回選挙で自民元職の西川公也(にしかわこうや)氏(78)が落選しており、栃木県で唯一議席が無い。公募を経て選挙に挑み、5選挙区を独占して「自民王国」をさらに強固にしたい考えだ。

 県連関係者によると、7日に開いた総務会で公募の方針案が承認された。今月下旬に選挙対策本部を開き、正式決定する方針。