参院の「合区」解消について議論した26日の自民党憲法改正推進本部。会合後、船田元(ふなだはじめ)本部長代行は報道陣の取材に対し「ほとんどの議員から、憲法改正をしてほしいという強い要望が出された。内閣支持率がこういう状況だが、それにかかわらず、着々とやっていく」と強調した。

 憲法改正を巡っては、内閣支持率の急落を受けて、党内外からは慎重な対応を求める声も出ている。秋の臨時国会に党の改憲案を提出するという安倍晋三(あべしんぞう)首相の方針については「(会合では見直しを求める)意見は出なかった。変わらず、淡々とやっていく」と述べた。