星空の下で浮かび上がるヤマザクラ=7日午後8時25分、大田原市両郷(約20分露光)

 大田原市両郷にある樹齢約300年の「磯上のヤマザクラ」が見頃を迎え、春の夜空と競演が見られる。

 ヤマザクラは地元の保存会「桜光会(おうこうかい)」が管理している。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、毎年実施しているライトアップは中止となったが、長時間露光で撮影すると、満天の星空の下でうっすらと桜が浮かび上がった。

 同会の伊藤紀美雄(いとうきみお)会長(64)は「ことしは例年より1週間以上早く咲いた。見頃はあと数日ほど」と話した。