与一くんも参加した交通安全の啓発活動

 【大田原】春の交通安全運動県民総ぐるみ運動の一環として大田原署は8日、南金丸の道の駅那須与一の郷で啓発活動を行った。

 大森雄生(おおもりたけお)署長をはじめ同署員、大田原交通安全協会金田支部員、市マスコットキャラクター「与一くん」など約15人が参加した。

 大森署長らは「安全運転お願いします」などと声を掛けながら、横断歩道で一時停止を求める「おねがい 止まって とちぎ県」のステッカーやチラシ、反射材といった交通安全グッズを利用者に配った。