日光国立公園ステップアッププログラム2025のポイント

 外国人観光客の増加を目指し、環境省や県、市町、民間業者などでつくる日光国立公園満喫プロジェクト地域協議会は6日までに、本年度から取り組む「ステップアッププログラム2025」を策定した。新型コロナウイルス感染拡大を受け、主な目標を訪日客数増から、1人当たりの観光消費額の増加に転換。コロナ前の19年に比べ、1人当たりの消費額を訪日客で1.8倍の6万5千円に、日本人で1.2倍の2万8千円に拡大することを定めた。

 同プログラムの期間は2025年度まで。これまでの目標では20年の外国人利用者50万人、宿泊者25万人達成を掲げていたが、19年度の推計ではそれぞれ約27万6千人、約15万1千人にとどまった。20年はコロナの影響でどちらも「ほぼゼロ」と推定した。