加藤公博氏(61)無現 高根沢町長2期。元銀行員。2008年から同町教育長と副町長を歴任。明治学院大卒。同町宝積寺。

斎藤誠治氏(63)無新 前高根沢町議。町議2期途中で辞職後、2018年から町議。元町職員。宇都宮農業高卒。同町上高根沢。

加藤公博氏(61)無現 高根沢町長2期。元銀行員。2008年から同町教育長と副町長を歴任。明治学院大卒。同町宝積寺。 斎藤誠治氏(63)無新 前高根沢町議。町議2期途中で辞職後、2018年から町議。元町職員。宇都宮農業高卒。同町上高根沢。

 任期満了に伴う高根沢町長選は6日、告示された。いずれも無所属で、3選を目指す現職加藤公博(かとうきみひろ)氏(61)=自民、公明推薦=と、新人で前町議の斎藤誠治(さいとうせいじ)氏(63)が立候補を届け出て一騎打ちの選挙戦に入った。

 加藤氏は午前10時半から、同町宝積寺のJAしおのや阿久津支店で出陣式を行った。キリンビール栃木工場跡地への企業誘致など2期目の実績を挙げ、「これからの世代にしっかりとバトンタッチできるよう、課題、負担を大きくさせない」と町政継続を訴えた。西川公也(にしかわこうや)元農相、高橋克法(たかはしかつのり)参院議員、県議、市町長らが顔をそろえた。

 斎藤氏は、同町上高根沢のドライブイン駐車場で午前9時から出陣式を行った。「これからの10年、20年を考えると、今が一番大事な時。新しいまちづくりを目指す」と町政刷新を強調。「開かれた政治」を掲げ、「作業服を着て長靴を履き、現場に出る。皆さんの声を町政に反映する」と訴えた。支援するさくら市の市議らが応援演説した。

 投票は11日午前7時~午後8時、町内12カ所で行われ、即日開票される。