岡部正英氏

 起床は午前5時。近所を3~4キロ歩き、ラジオ体操に汗を流す。市長に就任して以来、欠かすことのないルーティーンだ。

 82歳とは思えぬ健脚ぶりは、中学時代の家業の手伝いで培われたという。「家が燃料店だったので炭やまき、練炭を毎日リヤカーで運んでいた。それで足腰が鍛えられた」。