大嶋一生市長

 日光市は5日、療養のため入院していた大嶋一生(おおしまかずお)市長が死去したと発表した。享年は56歳だった。

 大嶋市長は3月11日から、体内リンパ組織の異常による体調不良で検査入院し、入院を延長して療養していた。市は詳細について、改めて発表するとしている。