岡部正英氏

 市民の82%以上の方は佐野に住んでよかった、これからも住みたいと市のアンケートで答えている。市の素晴らしい環境のおかげと自負していたが、台風19号により甚大な被害を受けてしまった。被害額は150億円前後ともいわれている。

 激甚災害の適用となり復興に向け順調に進み出した。だが、今度は新型コロナウイルスの感染が始まった。昨年9月には20日間で72人の方が感染してしまい、市独自で緊急事態宣言を発表した。

 市民の安全と安心、健康と命、そして生活を守るのが行政の根幹。何とかコロナを収束させたい、その気持ちでいっぱいだ。それを可能にするのはこれまでの経験や人脈。新人の方ではできない。

 毎朝、体操して体を鍛え、いつでも市民に役立てるよう心がけている。そして、市民の皆さんが輝く、元気な佐野を今後もつくっていきたい。5期目は私の総まとめの4年間でもある。全身全霊を傾け、佐野のために尽くす覚悟だ。