2回、白鴎大の福島が先制の右越え2点適時三塁打を放つ=白鴎大野球場

2回、先制の2点適時三塁打を放ち、ガッツポーズする白鴎大の福島(左)=白鴎大野球場

2回、白鴎大の福島が先制の右越え2点適時三塁打を放つ=白鴎大野球場 2回、先制の2点適時三塁打を放ち、ガッツポーズする白鴎大の福島(左)=白鴎大野球場

 関甲新学生野球春季1部リーグ第1節は4日、小山市の白鴎大野球場ほかで2回戦4試合を行い、白鴎大は1番福島圭音(ふくしまけいん)(埼・聖望学園)の3安打3打点の活躍などで7-1で作新学院大に連勝した。

 白鴎大は二回、2連続四球を足掛かりに福島の右越え2点適時三塁打で2点先制。1点差に詰め寄られた三回は、2死走者なしから3連続長短打で2点を追加した。五回は秋山龍正(あきやまりゅうせい)(青・八戸学院光星)と福島の長短適時打でさらに2点を奪って突き放した。投手陣も中村諒(なかむらりょう)(茨・下妻二)、池田優希(いけだゆうき)(福岡・東筑紫学園)の継投で1失点に抑えた。

 作新学院大は2点を追う三回に2安打などで2死満塁としたが、得点は押し出し四球による1点のみ。計8安打を放ったものの好機であと一本が出なかった。

 第2節1回戦は10日に行われ、白鴎大は同球場で山梨学院大、作新学院大は上武大野球場で上武大とそれぞれ対戦する。