ライトアップされた桜や和傘

ライトアップされた桜や和傘

ライトアップされた桜や和傘 ライトアップされた桜や和傘

 栃木県日光市鬼怒川温泉滝の同温泉護国神社で3日、桜のライトアップが始まった。見頃のソメイヨシノ約50本が、ひっそりと闇夜に浮かび上がった。11日まで。

 恒例の「鬼怒川温泉夜桜大宴会」(同温泉夜桜まつり実行委員会主催)の企画。今年は新型コロナウイルス感染防止のため余興や飲食物の提供などをせず、規模を縮小して実施。感染対策として検温や手指消毒を行い、間隔を空けての観賞を呼び掛けている。

 境内には茅(ち)の輪や和傘などが設置されており、訪れた同温泉の宿泊客らは桜や「和傘の壁」の演出を楽しんでいた。

 波木恵美(なみきえみ)実行委員長は「桜は神様が座る場所とのいわれがある。コロナ禍で大変な中、境内で心を癒やしてもらいたい」と話した。

 ライトアップは午後6時半~9時。