バスケットボールB1の宇都宮ブレックスは4日、宇都宮市の日環アリーナ栃木で西地区4位の名古屋Dと対戦し、第3クオーターに畳み掛けて80-61で快勝、リーグ一番乗りでチャンピオンシップ出場を決めた。5連勝で通算41勝9敗とし、順位は東地区首位をキープした。次戦は10日午後4時5分から、札幌市の北海きたえーるで北海道と対戦する。