地域政党「都民ファーストの会」の圧勝と自民党の歴史的大敗で幕を閉じた東京都議選は、県内の各政党にも波紋を広げた。

 自民党県連の木村好文(きむらよしふみ)幹事長は、現職閣僚らの失言などを引き合いに「おごりがあったのではないか」と指摘。国政選や地方選への影響を危惧した。ただ「政権担当能力」に自負をのぞかせ、党執行部に早期の立て直しを求めた。

 微減となった民進党。党県連の松井正一(まついしょういち)幹事長は「厳しい結果」と受けとめた。一方、「批判票が都民ファに流れたとも言えるが、『今の自民がおかしい』という有権者の意識の表れとも言える」と分析。安倍政権への追及を強める必要性を訴えた。

 公明党県本部の山口恒夫(やまぐちつねお)代表は、候補者全員当選の要因を「党員、支持者の多大な支援」と組織力に求めた。「自民の大敗は予想外」としながらも、「国政では協力して国民の不安や疑問に答えていく責任がある」と連立維持の必要性を強調した。

 議席を伸ばした共産党。党県委員会の野村節子(のむらせつこ)副委員長は「国政と都政を一体で訴えて食い込んだ」とみる。「解散の時期は見えにくくなったが、いつ選挙になってもいいよう準備を進めている」とした。