7回裏、左越えにサヨナラ3点本塁打を放ったホンダ・長谷川(7)をナインが笑顔で迎え入れる=県営球場

 ソフトボールの日本リーグ女子1部は3日開幕、昨季2位の本県のホンダは県営球場で日立と対戦し、6-4で劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。ホンダの開幕白星は2年ぶり。

 ホンダは六回まで無安打無得点に抑えられたが、4点を追う最終回に打線が爆発した。今季加入の糟谷舞乃(かすやまいの)の四球を足場に1死一、二塁の好機をつくると、昨季新人賞の杉本梨緒(すぎもとりお)がチーム初安打となる右中間適時二塁打でまず1点。なおも2死満塁で4番森山遥菜(もりやまはるな)主将の右前2点適時打で1点差。最後は5番長谷川優理(はせがわゆうり)が2死一、三塁から左越えサヨナラ3点本塁打を放って勝負を決めた。

 先発ジェイリン・フォードは序盤から制球を乱して二回までに4失点。三回からはアリー・カーダが要所を締めて相手を無失点に抑え、逆転勝ちを呼び込んだ。

 ホンダは4日午後1時から、同球場で昨季リーグ戦1位のトヨタ自動車と対戦する。