初回に3失点し、さえない表情でベンチに戻る栃木GB先発の堀越(左)=埼玉県の熊谷さくら運動公園野球場

初回に3失点し、さえない表情を見せる栃木GB先発の堀越=埼玉県の熊谷さくら運動公園野球場

初回に3失点し、さえない表情でベンチに戻る栃木GB先発の堀越(左)=埼玉県の熊谷さくら運動公園野球場 初回に3失点し、さえない表情を見せる栃木GB先発の堀越=埼玉県の熊谷さくら運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグは3日開幕、栃木ゴールデンブレーブス(GB)は埼玉県の熊谷さくら運動公園野球場で埼玉と対戦し、2-3で競り負け、2年連続で黒星スタートとなった。

 栃木GBは新加入4人が先発したが、投打がかみ合わなかった。開幕投手を任された堀越歩夢(ほりこしあゆむ)は初回に4四死球と制球が乱れ、先制の2点適時打を浴びるなど3失点。打線も前楽天の(佐藤(さとう))由規(よしのり)の前に六回まで2安打止まり。三回に敵失で1点、八回にも2死満塁から敵失で1点を奪ったが、計5安打と好機であと一本が出なかった。

 次戦は4日午後1時から、水戸市総合運動公園市民球場で茨城と対戦する。