男子400メートルリレー決勝 トップでゴールに飛び込む作新大の佐藤=佐野市運動公園陸上競技場

男子400メートルリレー優勝の作新大

女子やり投げで3連覇を果たした国士舘大の郡司=佐野市運動公園陸上競技場

男子400メートルリレー決勝 トップでゴールに飛び込む作新大の佐藤=佐野市運動公園陸上競技場 男子400メートルリレー優勝の作新大 女子やり投げで3連覇を果たした国士舘大の郡司=佐野市運動公園陸上競技場

 陸上の第89回県選手権大会は29日に佐野市運動公園陸上競技場で開幕、初日は男女12種目の決勝を行い、男子400メートルリレーで作新大が40秒42の県記録タイ、大会新記録で2連覇を果たした。

 作新大は上野利隼(うえのりじゅん)が好スタート。3走茂呂柊汰(もろしゅうた)が先頭に立つと、アンカー佐藤風雅(さとうふうが)が後続を突き放し、2位の作新高に1秒13差をつけて圧勝した。

 男子走り幅跳びは吉沢尚哉(よしざわなおや)(滝沢ハム)が7メートル40で4連覇、女子やり投げは郡司美奈子(ぐんじみなこ)(国士舘大)が44メートル39で3連覇を果たした。