手づくりショコラ工房アカリチョコレートの寄付付き商品「深岩石のクリスピーショコラ」

 県共同募金会が取り組む「募金百貨店プロジェクト」に協力する企業が増えている。購入された商品の売り上げの一部が赤い羽根共同募金に充てられる仕組み。お弁当やスイーツ、防災用品など寄付付き商品は2日までに19件まで拡大した。同募金会の粕谷亜紀(かすやあき)主事は「地域のつながりで理解者が増え、プロジェクトを広げていただいている。こんなにハイペースで進むとは思っていなかったのでありがたい限り」と感謝している。

 プロジェクトは、2012年4月に山口県共同募金会が開始し、全国の共同募金会でも同様の取り組みが展開されている。企業が寄付付き商品を企画販売し、売り上げの一部は寄付される。