3年目の指揮を執る栃木GBの寺内監督=小山ベースボールビレッジ

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグは3日開幕し、栃木ゴールデンブレーブス(GB)は午後1時から埼玉県の熊谷さくら運動公園野球場で埼玉との今季開幕戦に挑む。リーグ参入5年目のスローガンは「原点回帰」。連覇を逃した昨季の悔しさを糧に、2年ぶりの王座奪還に向けた新たな戦いが始まる。

 今季リーグも加盟12チームが4チームずつ東、中、西の3地区に分かれ、ホーム、ビジター各35試合の計70試合を実施。栃木GBは茨城、神奈川、埼玉と同じ東地区に入り各18試合(計54試合)、中地区の福島、群馬、新潟、信濃と各4試合(計16試合)を戦う。

 ホーム開幕戦は10日午後1時から、県営球場で昨季リーグ王者の神奈川と対戦。最終戦は9月12日のビジター茨城戦となる。

   ◇     ◇

 栃木GBで3年目の指揮を執る寺内崇幸(てらうちたかゆき)監督に今季の意気込みなどを聞いた。

 -昨季は新型コロナウイルスの影響で異例のシーズンだった。