エイジェック-ウェルネス(埼玉)1回戦 初回、エイジェックの船越が右前に適時二塁打を放つ=エイジェックさくら球場

 県内外の女子硬式野球チームが出場する全日本女子野球連盟公認大会「第1回栃木さくらカップ」が2日開幕し、栃木市のエイジェックさくら、とちぎ木の花の2球場でフリーの部(社会人・大学)1回戦など6試合を行った。本県を活動拠点とする社会人のエイジェックはウェルネス(埼玉)に13-1で四回コールド勝ちし、1回戦を突破した。

 エイジェックは初回に佐々木希(ささきのぞみ)の右越え適時三塁打で先制するなど、打者15人の猛攻で一挙11点を奪った。先発の笠原優子(かさはらゆうこ)は味方の援護にも助けられ、3回を無安打無失点に抑え込んだ。

 大会第2日は3日、エイジェックさくら球場と清原球場で2回戦と順位決定戦の6試合を実施。エイジェックは午前9時からエイジェックさくら球場でアサヒトラスト(茨城)と2回戦を戦う。