抱負を語る池田新学長=1日午後、宇都宮大

 宇都宮大は1日、同日付で発令した学長を含む新役員体制について、同大峰キャンパスで記者会見した。

 池田宰(いけだつかさ)学長は「スローガンは、地域とともに学生の未来をつくり、学生とともに地域の未来をつくる。自治体や経済、産業、教育界など多様な方々と双方向の関係性で『共創』し、新たな価値観を見いだしていきたい」と抱負を語った。

 任期は2025年3月までの4年間。新型コロナウイルス対策は「学生の安心安全の確保が最優先。3密の回避やイレギュラーへの即応など、ウィズコロナの時代に大学として何がベターか、常に考えていきたい」と力を込めた。

 理事は5人で任期は1年。新たに就任した吉澤史昭(よしざわふみあき)理事は「地域のニーズが何なのか原点に立ち返って考え社会貢献につなげたい」と強調。横田和隆(よこたかずたか)理事は「大学全体の研究活動の活性化と支援に力を注ぎたい」と意気込みを語った。

 宇大新役員は以下の通り。

 学長 池田宰▽理事 藤井佐知子(企画・評価担当)、吉澤史昭(学務・社会共創担当)、横田和隆(研究・情報担当)、佐藤規朗(総務・財務、事務総括担当)、鈴木邦雄(大学運営全般担当)