川面に映るこいのぼり

川面に映るこいのぼり

川面に映るこいのぼり 川面に映るこいのぼり

 【栃木】蔵の街の春の風物詩「うずまの鯉(こい)のぼり」が1日、市中心部を流れる巴波(うずま)川で始まった。カラフルな約500匹のこいのぼりの姿と桜の花びらが川面に浮かび市民らを楽しませている。5月17日まで。

 遊覧船を運航するNPO法人「蔵の街遊覧船」が主催。例年は「いいこい」にちなみ、傷んだこいのぼり数百匹を毎年新調しながら1151匹を飾っている。

 17回目の今年は、新型コロナウイルス感染症による遊覧船運休の影響で収益が落ち込み、こいのぼりを新調できなかったという。本来1500メートルある区間も幸来橋からうずま公園までの約200メートルに短縮した。

 同法人の中村明雄(なかむらあきお)船頭マネジャー(63)は「多くの人に楽しんでもらいたい。来年こそは『いいこい』で」と期待した。

 遊覧船からこいのぼりを楽しんだ足利市西宮町、会社員金井孝史(かないたかし)さん(57)は「触れるぐらい近いこいのぼりもあって、きれいだった」と笑顔だった。