3区から出馬、改めて強調 渡辺氏、地元で会見

 日本維新の会に離党届を提出し、除名となった渡辺喜美(わたなべよしみ)参院議員は24日、那須塩原市内で記者会見し、離党の経緯などを説明した。次期衆院選で地盤の栃木3区からくら替え出馬することについて、「地元の声を聞きながら復帰を目指す方向性は変わらない」と強調した。

 渡辺氏は小池百合子(こいけゆりこ)都知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」への合流を否定し、「当面は無所属で活動する」と話した。ただ「小池知事が進める東京大改革は本県も連携しやすいテーマが盛りだくさん。今回の判断は決して間違っていない」と述べ、築地が活用されれば本県農産物を売り込む好機などと期待した。